研究開発

HOME>>研究開発>>2相系ステンレス鋼線

2相系ステンレス鋼線

主な特徴

  • ・ オ-ステナイト相とフェライト相の混合組成からなる。
  • ・ 塩化物環境下での耐食性、耐すき間腐食性に優れる。
  • ・ 高強度である。

各鋼種の特性比較

鋼種 \ 特性 耐食性 強度 磁性 コスト
非磁
強磁
M系 強磁
2相系 強磁
高強度銅系合金線(エレメタル)
2相系ステンレス組織写真

化学成分

  • ・ 標準型 : 329J4L、S32205
  • ・ スーパー型 : S32750 … Mo、N を多く添加

化学成分(代表例)

区分 鋼種 化学成分(mass%) PREN
C Si Mn Ni Cr Mo N
2相系 329J4L 0.01 0.5 0.7 6.8 24.9 2.8 0.12 36
  S32205 0.01 0.5 1.6 6.1 22.6 3.0 0.16 35
  S32750 0.01 0.3 0.7 6.9 25.6 3.4 0.25 41
SUS304 0.08 0.4 1.2 8.5 18.2 0.2 0.04 20
  SUS316L 0.03 0.4 1.0 11.5 17.4 2.0 0.05 25

機械的特性

  • ・ 引張強さ : 約1.5倍、耐力比 : 3倍弱(系対比)

機械的特性(ROD)

    機械的特性
区分 鋼種 引張強さ
(MPa)
0.2%耐力
(MPa)
伸び
(%)
絞り
(%)
2相系 329J4L 750 560 38
80
  S32205 740 490 42 80
  S32750 880 590 31 78
SUS304 570 210 55 76
  SUS316L 540 220 50 80

耐食性

耐食性

適用

  • ・ 用途 : 耐食ばね、ロ-プ、ファスナ-、金網等

適用

※線径・調質については別途、お問合せ下さい。

2相系ステンレス鋼線に関するお問合せ・ご相談

ネットでのお問合せ

顧客サービス部 / 東京(担当:高橋):03-5203-1641 / 大阪(担当:飽浦):072-840-1265