• 学生の皆様へ
  • about 日本精線
  • 先輩からのメッセージ
  • 教育・福利厚生
  • 募集要項
  • よくある質問

学生の皆様へ

未来を語り合い、一緒に世界を動かそう

未来を語り合い、一緒に世界を動かそう

「Micro&Fine Technology」で、グローバルな活躍舞台がある企業です。

私たち日本精線は、業界トップシェアを誇るステンレス鋼線のリーディングカンパニーです。
Micro&Fine Technologyをモノづくりの基本に掲げ、他の追随を許さない独自の開発技術で、産業機器、電子機器、医療機器などに欠かせない高品質・高精度のバネ、ネジ、金網などの素材を生み出してきました。特に、独自技術でマイクロメートル単位のファイバー化に成功した超極細のステンレス鋼繊維「ナスロン」は、そんな当社の技術力の象徴であり、各種製品はいずれも国内のみならず、世界市場でも高く評価されています。
私たちは、若い皆さんにこうした当社の強みを最大限に生かしながら、海外も視野に入れ、より大きな舞台で活躍してほしいと考えています。

コミュニケーションの大切さを、社員全員が理解し、実践しています。

私たちが皆さんに期待するのは、業界の詳しい知識や製品情報ではありません。入社すれば必要なことは現場で学んでいけますし、研修も充実させています。
それよりもまず私たちが楽しみにしているのは、「今年はどんな人と出会えるのか」という、皆さんへの興味と期待です。どんな個性を持ち、どんな夢を抱き、どのように充実した人生を送りたいと考えているのか―――私たちもまた、若々しい可能性の芽に出会い、刺激を受けることで、企業の成長につなげていきたいと考えています。
また、当社は、各部署間や社員同士の連携の良さも強みとしています。本社部門と、工場部門・子会社との関係や、上司・先輩・後輩との関係を良好に保つことが、結果的に会話を増やし、士気を高め、仕事に大きく反映すると考えているからです。そのために積極的に意見交換しやすい風通しのよさを、各担当部署でつくるよう推進しています。
エントリーシートなどの提出物は必要ありません。当社に興味を持たれた方は、直接会ってコミュニケーションすることから、皆さんと私たちの「未来」の話を始めたいと思います。

成果主義というよりも、充実主義です。

当社は1951年の創業以来、安定成長を続けていますが、現状に満足せず常に組織の若返りや活性化を図っています。
その一つが「ジョブローテーション」です。仕事を持つということは、何かしらの分野に秀でたスペシャリストになることですが、企業経営はそうした専門家ばかりでは成立しません。特に大学・大学院卒業の皆さんには、将来の幹部候補としてさまざまな角度から会社全体を把握し、また現場体験をすることで一回りも二回りも成長してほしい。その経験をぜひ楽しんでほしいとも願っています。
また「自己申告制度」では、今後の目標、5年後10年後に自分がどうなっていたいかや、配置転換などの希望をじっくり語り合う機会を設けています。
これらはすべて、社員全員が充実した毎日の中で、業務にまい進するための職場環境づくりの一環です。当社には、中途退社する社員がほとんどいないことも付け加えておきます。

会社という枠にとらわれず、多くの経験を積み、成長してほしいと考えています。

当社は、若手社員に積極的にチャンスを与えていきます。一例を挙げると、新設備導入のため、担当者として入社1年目の女性社員を、海外子会社に派遣しました。今後もこういったケースは増えていくと思います。
また、組織改革の面でも、事務系社員のうち3割近くに当たる、部長クラスを含めた約60人の異動を行いました。これもジョブローテーションの一環ですが、ベテランの技術系スペシャリストや幹部社員も発想の転換を行い、「今」の時代の感性を磨き、新しいことへのチャレンジを忘れないために必要なことでした。久しぶりの大規模な組織変更でしたが、今後の当社のチカラにつながると確信しています。
私たちが求めているのは受動的な会社人間ではありません。柔軟な発想で物事を楽しみ、状況にしなやかに応えられる、応えようとする、前向きな人です。だから、プライベートでも友人をたくさんつくってほしい。新しい風をたくさん社内に入れてほしいのです。目標が定まり、資格取得が必要ならその費用はすべて会社が負担し、徹底的にバックアップすることを約束します。
早く皆さんと未来を語り合えることを、世界を舞台に一緒に仕事ができることを、楽しみにしています。

総務部長 加藤 泰資

  • よくある質問
  • マイナビ2018|エントリーはこちら

お問合せ

日本精線株式会社

大阪市中央区高麗橋4丁目1番1号興銀ビル

総務部人事室:松野下

TEL.06-6222-5431

ネットでのお問合せ

ページトップへ戻る