• 学生の皆様へ
  • about 日本精線
  • 先輩からのメッセージ
  • 教育・福利厚生
  • 募集要項
  • よくある質問

先輩からのメッセージ

松島 正典|多くの社員によって高い品質が支えられていることを忘れずに。

お客様からの感謝の声が、モチベーションに。

お客様からの感謝の声が、モチベーションに。

私が所属する鋼線販売室は、ステンレス鋼線全般を扱っています。普段私たちが使っている家電製品など多くの製品に当社のステンレス鋼線が採用されており、その性能については高い評価をいただいています。
日頃から上司には「社内の関連部署に対して情報提供をする際は、できるだけ具体的にかつ正確に」とアドバイスされています。製品の製造を担う工場は、お客様の生の声を聞くことができません。そのため、営業である私はお客様からご要望を伺い、それをスピーディに整理するだけでなく、時には言葉には表されていないニーズも状況判断でくみ取りつつ精査し、それを正確に工場へ伝達するという役割も担っています。
お客様との打ち合わせの場で強く再認識するのは、何といっても当社の品質です。「品質が優れているから安心してオーダーできる」という言葉をいただくたび、入社当初に配属となった工場で見た、実際に機械を操作されている方々の職人技が目に浮かびます。機械のオペレーション一つを取っても、扱う個々の製品によって力加減やタイミングがまったく異なるという緻密な作業の苦労を知っているだけに、「製品を販売しているのは自分だけではない、携わっている方すべての気持ちを込めて、お客様に販売しなくては」という強い思いがモチベーションとなり、仕事に取り組んでいます。

技術を語れる、提案力のある営業でありたい。

技術を語れる、提案力のある営業でありたい。

私の目標は、「あいつに任せておけば大丈夫」と言われる存在になることです。そのためには、常にお客様が求める一歩先の提案を行うこと。また、技術者に引けを取らないくらいの専門知識を身につけ、技術的な質問に対しても、しっかりと対応できる営業になることです。
多忙な日々ですが、製品概要を十分に理解し、お客様と接する中で当社のステンレス鋼線がどこに組み込まれるのか、その前になぜそれが必要になったのかというオーダーの背景、市場分析なども含めてじっくり考える習慣をつけています。最適の材料、方法を自分なりに熟考した上で、当社独自の技術を提示し、よりお客様にとって有効な提案ができるよう心がけています。
当社は、意図的に入社年度の異なる社員同士の合同研修を開催するなど、誰とでも気軽に会話しやすい環境づくりを推進しています。困ったことがあっても互いにサポートし合い、解決していけるので、興味のある人はぜひエントリーしてください。

松島 正典
松島 正典
(2010年入社)
五島 雅幸
五島 雅幸
(2006年入社)
尾本 隆志
尾本 隆志
(2010年入社)
  • よくある質問
  • マイナビ2018|エントリーはこちら

お問合せ

日本精線株式会社

大阪市中央区高麗橋4丁目1番1号興銀ビル

総務部人事室:松野下

TEL.06-6222-5431

ネットでのお問合せ

ページトップへ戻る