ENTRY

仕事と人を知る 04

設備だけでなく、人も仕事も動かせる 人材への成長を目指す 設備だけでなく、人も仕事も動かせる 人材への成長を目指す 設備だけでなく、人も仕事も動かせる 人材への成長を目指す

  • 技術職
  • 藤本 良RYO FUJIMOTO 2011年入社/設備部
    理工学部 機械工学科 卒業
  1. Q1 入社から現在にいたるまで

    日本精線のことは就職活動の過程で初めて知りました。ステンレス鋼線の分野でトップシェアを獲得しているメーカーだということ、そして髪の毛よりも細い極細線や、当社独自の伸線技術から開発された金属繊維を見て、技術力の高さ、発想の凄さに感心させられたことが入社を決めた理由です。入社してすぐに枚方工場の設備部に配属され、以降ずっと設備投資に絡む予算取りや仕様の検討、据え付けから稼働に至るまでの進捗管理などを担当しています。

  2. Q2 仕事のむずかしさについて

    設備はただ装置を据え付けて終わりではありません。そこに至るまでに、装置を作るメーカー、配管などのユーティリティを手掛ける業者、現地まで運搬する搬送会社など、社内外問わず関係各所と密に連携を取りながら、足並みをそろえてプロジェクトを進めていかなければなりません。自身の裁量が大きい分、責任も重く、なおかつ、例えばステンレス鋼線を伸ばす伸線機を更新する場合、それに付随する付帯設備についても精通しておかなければなりません。
    加えて、環境や安全に関し遵守すべき法律など、機械工学以外の知識も身に着ける必要があります。非常に大変ですが、いろいろなことに挑戦し続けたいと思う私の性格には合っており、とても充実した日々を過ごせています。

  3. Q3 将来の目標について

    今は与えられたテーマに取り組んでいますが、いずれは自分の経験に基づいて、周りの人を動かすくらいの人材に成長したいと思います。その点、私が尊敬している先輩方は設備投資の全体像を把握できており、構想に対して実現が可能か否か、またこうすれば良くなるという代替案を提示できます。そこまでできるようになるには先輩方と同じ年月を要するかも知れませんが、すぐ身近に目標となる存在がいることは大きな刺激になっています。

  4. Q4 学生に向けてメッセージ

    私たちの設備部は、自ら興味を持っていろんなことに取り組める方、つまりやる気のある方ならどんどん成長できる部署だと思います。ただし、指示待ちタイプの方にとっては厳しいかも知れません。もちろん分からないことは先輩や上長が丁寧にサポートしてくれるのですが、一番重要なのは「担当しているのは自分だという気持ちで責任を持った行動を取ること」です。いざという時に「なぜ、こういう構想にしたのか」ということを責任者として自分の口で説明する必要があります。それができないと良い設備はできません。
    私は今、機械担当ですが、電気関係も担当できるように電気工学について学ぼうと努力しています。ぜひ、そういう努力を、一緒に楽しんでくれる方に入社してもらいたいですね。