製品等に係る環境配慮の情報

環境負荷物質低減に資する製品・サービスなど

当社では、環境を意識した製品開発を行っており、材料の成分中に環境負荷物質を含まないことはもちろん、クリーンエネルギーや排気ガスのクリーン化などの環境対応技術に必要不可欠とされる材料提供を通して、環境負荷物質低減に貢献しています。

環境負荷物質低減に資する代表製品

写真:エレメタル

高強度銅合金ワイヤー 『ELEMETAL®』 (エレメタル)

ベリリウム銅は、銅合金の中でもトップレベルの高強度・高導電率を有しますが、含まれるベリリウムは人体に悪影響を与える環境負荷物質として扱われています。『ELEMETAL』はベリリウムをはじめとした環境負荷物質を含まず、ベリリウム銅と同レベルの強度を有する高強度銅系合金ワイヤーです。

高耐熱ボルト用鋼 『INS3015』『RS1308』『SUH660M』

自動車の排ガスに対する規制は、世界各国で年々厳しくなっています。自動車メーカーでは、排ガスクリーン化のためにエンジンの燃焼効率改善を進めています。それに伴い排気ガスも高温化する傾向にあり、部品を締結するボルトにも高い耐熱性が求められます。『INS3015』、『RS1308』、『SUH660M』は、高温下でも使用に耐えうる高耐熱ボルト用材料です。

耐水素脆性ばね材 『HYBREM®-S』 (ハイブレム エス)

CO2フリーのクリーンエネルギーとして注目されている水素ですが、金属材料を脆化させる性質を有するため、水素環境下でばねは折損するリスクが高まります。耐水素脆性ばね用材『HYBREM-S』は、水素環境下でもばねとして安心して使用することができ、水素インフラの普及に貢献する材料です。

環境関連の新技術・研究開発

当社では、環境を意識した研究開発を行っており、中でもクリーンエネルギーである『水素エネルギー』に着目した研究開発を行っています。

水素関連製品

水素エネルギーを活用する『水素化社会』には、安全な水素の運搬・貯蔵方法が必要となります。水素を安全に貯蔵・運搬するための一つの方法として、水素を多く含む液体『有機ハイドライド』を活用した方法があり、この有機ハイドライドはガソリンと同様の取り扱いが可能で、既存のガソリンスタンドをインフラとして活用可能であることでも注目されています。

写真:水素発生装置
水素発生装置
写真:水素分離膜モジュール
水素分離膜モジュール

当社ではこの有機ハイドライドから水素を取り出すために触媒ワイヤーを用いた『水素発生モジュール』を開発し、安全性を確認しながら実証実験を進めています。また、既に販売を行っている高純度の水素を精製するための『水素分離膜モジュール』などの水素関連製品を組み合わせた、水素発生から供給までのトータルソリューションの提供まで視野に入れた研究開発を行っています。